LOCATION:HOME > 発育宝について > 会社紹介会社紹介

信元製薬の創始者が成長の過程中、台湾農村地区のたくさん住民が薬の入手困難といった医療環境の厳しさが気づきました。ただ18歳の彼は、当時流行っていた「置き薬」のような「使用後、後払い」という売薬方式を彰化地区に導入して、確実に当地住民が薬の入手困難という問題を改善しました。

20世紀60年代、台湾の経済が急速に発展していて、創始者がその時の台湾地区おける動物用の薬の市場には膨大なニーズあることに気づきました。何年間の下準備で、やっと1970年に「信元製薬」を創立し、計画的に動物用の薬を生産し始めます。それに、1979年にペット部門を成立し、ペット産品を発売し始めます。2013年信元製薬がGPMの合格工場に認証されました。2014年上海信元ペット食品有限会社を成立して、ペット食品の生産及び加工を担います。

今日まで、信元製薬もう44年の歴史を持って、ペット用品の販売も35年に達します

信元製薬株式会社:1970年成立されて以来、すでに、40年も歴史があり、最初の時、経済動物用の飼料と薬の生産を主にします。ペット産業の発展とともに、1979年信元製薬がペット部門を成立し、当時のニーズに応じて、一代目の発育宝の製品を発売して、台湾地区のペット保健品の空白市場を補いました。これも台湾一番目のペット向けの栄養品メーカーとなりました。 販売量の上昇とともに、ハード設備も更新し続けています。1985年信元製薬が政府の指導に従って、1988年経済部工業局からGPMの工場に認証してくれました。アジア地区におけるGPMに認証された有数のペットメーカーの一つです。2009年、信元製薬がEUのPIC/S及びcGMPの規範を符合した優良の薬メーカーとなり、新しい自動化生産ラインを導入しました。

2011年、台湾中部科学園区で新しい工場を作りまして、中科園の一番目の動物向けの薬メーカーとなりました。cGMPの標準でペット製品を生産して、生産された産品は人類が食用できるレベルとなります。

同年、信元動物保健研究開発センター(Singen Animal Health R&D Center)を成立し、ハイテクのパワーでペット生活の品質を向上させられる優れる製品を研究し開発しています。

会社ロゴ
1970年-2011年
会社ロゴ
After 2011


上海信元ペット食品有限会社は上海張江高新技術產業開發区青浦園区に設立しました。この会社は2014年に成立されて、台湾信元製薬株式会社の関連企業となり、信元動保グループのグローバル化の一環となります。上海信元ペット食品有限会社が10000平方メーターの面積で占めて、年間生産されるペット食品は10000トンとなります。この会社は信元グループの”専業、創新、ケア、フィードバック“のビジネス信念を持って、GMPの厳格な製薬精神の標準で工場を設計します。中には400平方メートルの製薬等級の研究開発、品質管理、微生物の実験室あり、2軸押出機の導入、真空塗装の生産ラインと完成品と接触する部分は全部ステンレスの材質を採用します。そして、200平方メートルの新鮮な肉類、果物と野菜加工工場があり、それに、工場の全体設計では防塵、騒音防止、省エネ、リサイクルなどのシステムが全部整備して、エコ及び安全を達成できました。

台湾佑達株式会社:1989年に成立し、発育宝シリーズの製品をアジア太平洋地域におけるマーケッティング活動を行います。台湾、シンガポール、マレーシア、インドなどの地区の販売及びプロモーションを含んでいます。台湾佑達はペット飼養に関する知識を宣伝して、高効率的なマーケッティングやり方で発育宝がペット保健品の第一ブランドとなることを努力しています。

上海佑聯貿易有限会社:1998年、既に発育宝を中国市場へ進出して、ペット飼い主の大好評を受けました。2002年、台湾佑達株式会社の上海オフィスを成立しました。2007年、もっと良いサービスをたくさんの消費者に提供できるように、上海佑聯貿易有限会社を設立して、主に、発育宝産品の輸入出に関する業務及びプロモーションを担います。

世界各地のお客様と良いビジネス関係を築けるよう、心から祈っています。